アルデバラン BFS XG チューニング

私事ですが、10月15日に入籍をいたしました。その際入籍のご報告を行った所、岡村社長からお祝いの品が届きました。
f0233305_0345225.jpg

お祝いの品とは、アルデバラン BFS XGのIOS FACTORYフルチューニング&アクリスタ使用でした。
近年急速に発達したジャンルであるベイトフィネス専用リールです。専用と行ってもベイトフィネス以外にも使えるのですが・・・。

そんなお祝いの品の性能チャックすべくフィールドへ行ってきました。
f0233305_0351411.jpg

ベイトフィネスの釣りは、自分の中で大きく3つのジャンルに分けてとらえています。
①カバー周囲を軽量なルアーを使用し攻略する。
②ラインを太くする事でルアーの動きに変化を与え、今までスピニングタックルで狙っていた魚を攻略する。
③小型ミノーや小型クランクなどのライトプラッキング

僕が多用するのは①と②です。

カバー周りでパワーが欲しいというコンセプトですが、単なるパワーと軽量ルアーの使用ならば、PEラインを用いたパワーフィネスの方が良いと思います。しかし、ベイトフィネスの利点はキャスティングの手返しの早さ、コントロール性能等が上げられます。専用リールでは、これらの性能を生かすため、ハイギア設定となっている物が多いです。これが専用リールの1つのメリットです。また、コントロール性能はスピニングリールに比べベイトリールでのピッチング等ではキャスティング精度があがり、カバーなどのストラクチャーの攻略が可能となります。

また、②のようにラインをかえる事で、ラインスラッグなどに変化を与えアクションをかえる方法があります。

 アルデバランBFS XGのIOS FACTORYチューンでは、高回転ベアリングとスプール軸の芯出し(スプール軸のゆがみをとる事)により脅威的な回転性能が生まれています。1/16oz程度のスモールらバージグを心地よくピッチングやフルキャストすることが出来るため繊細なカバーへのアプローチやアクション変化を起こした釣りなどタックル選択が可能となった為釣りの幅広がる気がします。

黒のボディーにアクリスタスリムのルビーレッドがマッチングしてかっこ良くし上がっています。
もともとあるリールの特殊性をさらに尖らせるチューニングリールのチューニング。ベイトフィネスのような道具のポテンシャルの恩恵を大きく受ける釣りの場合は、フルチューンのカスタムリールを使用して他の釣り人と差を付け、ノンストレスで心地よく釣りをするのも良いかもしれません。

f0233305_0354413.jpg

[PR]

by daisuke1091 | 2012-11-07 00:35